Joomla 写風

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 写風初心者導入編1.5x アップデート mysql によるデータベースのバックアップ

mysql によるデータベースのバックアップ

Eメール 印刷 PDF

 

  アップデートする時の準備 データベースのバックアップ

アップデートする時には必ずバックアップをしておくのが必須うとのことで今回も道を外れないようにデータベースのバックアップをしておくことにした。

phpMyAdmin はバージョン 2.11.9.6 です。私のデータベースは1つで追加できない。それで以前から Movable Type を使用しており今回 Joomla! 導入に伴いデータベースが Joomla! のデータベースと混在することになりました。
混在後初めてのバックアップになります。
全てのデータベースをバックアップする時と特定のデータベースだけをバックアップするときは少し異なります。 Joomla! のデータベースは接頭語が jos_ ではじまり Movable Type のデータベースは mt_ で始まり区別がつきます。Joomla! だけのデータベースをバックアップする必要がある。

そこで左側のデータベース名をクリックします。画面に出ている「エキスポート」(画面の×印)を押すと全てのデータベースが対象となってしまいますので注意が必要です。

データベース名を押すと下のような画面になります。

 この画面が出たところで、上部の「エクスポート」を押します。
すると下の画面のように全てのデータベースが対象として選択されていますので「全体解除」を押すと解除されます。そしてカーソルをずらして jos_ の接頭語を選びます。追加操作は Ctrl キーを押しながら追加選択します。対象のデータベースの選択が終わればデータ保存形式を選択します。ここでは「SQL」としました。横側の「DOROP TAIBLE を追加」にチェックマークを加えエクスポート形式が「INSERT]になっていることを確かめておきます。

次の画面下に移り「ファイルの保存する」にチェックマークを付けます。ファイルのテンプレート名は保存するデータ名を入力するかそのままの名前で保存してもよい。圧縮形式、全角仮名変換を選びます。ここでは「なし」、「NON」を選択しました。そして右下の「実行する」を押します。

保存画面が出ますので PC の場所を指定します。

このバックアップは殆ど使うことはありませんが万が一の時のために取っておきます。お守りです。

補足:データベースのインポート

補足ですがこのバックアップは殆どの場合、使うことはありませんがいざの時のためデータベースのインポートつまり復元について触れておきます。インポートも同様にログインした最初の画面に出ている「インポート」ではなく先ず左側のデータベース名をクリックします。

すると下のような画面が出ますのでこの画面に出る「インポート」をクリックします。

「インポート」を押すと次の画面が出ます。参照で PC のデータベース保管先を指定します。部分インポートの欄は何も触れることはしなくてもよい。インポートするファイル形式とカナ変換を確認して「実行する」を押します。データーベースが残っている場合は書き換えられます。

データベースは触るのが何か怖いように感じられますが一度経験しておけば簡単、いざの時に怖々触るよりは自信がついてあわてずに済みます。

 

 
Home 写風初心者導入編1.5x アップデート mysql によるデータベースのバックアップ

写風お勧め Extemtion

秋づいた美山町

  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow

Movies

アンケート

Joomla!を何に利用しますか?
 

オンライン中のユーザー

現在
 ゲスト 59 人
 がオンラインです

ニュース速報

昨日アメリカのすべてのサーバーがもっと多くのRAMと良いCPUを要求するためのストライキで、機能しなくなりました。スポークスマンは良いRAMのニーズは、バカ者によりいくつかのフロントサイドバス速度を増加している。将来バスはマザーボードの中でスローダウンするようにいわれるであろう。