Joomla 写風

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 写風初心者導入編1.5x プラグイン(マンボット) プラグインを使う(Load Module)

プラグインを使う(Load Module)

Eメール 印刷 PDF

 

  標準搭載のプラグイン(Load Module)を使って見よう !!

プラグインには、インストールし有効にするだけでバックグラウンドで動作するもの(Content - Email Cloakingなど)と、記事作成時に意図的に利用するものがあります。今回は後者である「Load Moduleプラグイン」を使用してみます。

モジュールは通常、テンプレートに設定されたポジションにしか設置できませんが、Load Moduleプラグインを使えば記事内にモジュールを表示することができます。ここではサイト内をキーワードで検索できる「検索モジュール」を記事内に表示する場合を例に説明します。

まず検索ボックスを表示するモジュールを作成しましょう。既に存在する場合はそれを利用しても構いません。検索モジュールの編集画面を開き「配置」のパラメータに注目します。「配置」のパラメータにはテンプレートで定義されたポジションが表示されるようになっています。

エクステンション→モジュール管理でモジュール一覧を開きます。

「検索」を開き見てみます。

しかし、このポジションの中から選択してしまうと、選択した位置に検索モジュールが表示されてしまいます。従って、今回はこのモジュールをコピーして使うことにします。

先ず検索横のチェックを ON にして右上の「コピー」をクリックします。

すると下のように「検索のコピー」と云うモジュールが追加されます。このモジュールを使うことにします。

「検索のコピー」をクリックして開きます。

この「配置」パラメータは一見ドロップダウンリストのように見えますが、実はコンボボックスになっています。ドロップダウンリストは表示された選択肢の中から選ぶ事しかできませんが、コンボボックスは新しい値を入力する事ができます。ポジション名(leftなど)が表示された欄をクリックすると中にカーソルが移動しますので、ポジション名を削除して新しいポジション名を入力します。ここでは「search」にしました。入力できたら保存します。

次にモジュールを設置する記事を準備します。文章を適当に入力しておくとわかりやすいので下のような文章にいました。
セクション、カテゴリは「未分類」にします。
エディタ部分に{loadposition search}と入力します。プラグインを使用するには、このように{}で括られた特殊なタグを使用します。「loadposition」はモジュールを読み込む指示となり、どこのポジションのモジュールを読み込むかを半角スペースで区切って入力します。ここでは先ほどモジュール側で設定した「search」を指定しています。

記事一覧からフロントページに表示するため「フロントページ」の印をクリックスすると印に変わります。

フロントエンドをプレビューすると、下のようにフロントページに反映されました。

 

 
Home 写風初心者導入編1.5x プラグイン(マンボット) プラグインを使う(Load Module)

写風お勧め Extemtion

秋づいた美山町

  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow

Movies

アンケート

Joomla!を何に利用しますか?
 

オンライン中のユーザー

現在
 ゲスト 32 人
 がオンラインです

ニュース速報

何千とある無料のエクステンションのライブラリより、あなたはサイトを拡張するために必要とするものを追加できます。 今すぐ Joomla! エクステンション ライブラリに目を通してください。